小動物(犬・猫・うさぎ・フェレット・モルモット・ハムスター・小鳥など)の診療時間など

猫の診察

猫の診察2

おすすめの猫のキャリーケース

リッチェルから発売されているキャンピングキャリー ダブルドア Mです。
SサイズよりMサイズのほうがゆったりしていていいです。

  • 横からも上からも出入りできる。
  • キャリーケースが上下に取り外しできるので、家でのハウスとしても利用できる。
  • 日ごろハウスとして利用していると動物病院などへの移動時のストレスを軽減できる。

というところがおすすめの理由です。

猫の診察4

横の扉

猫の診察3

上からの扉

猫の診察5

ハウスとしての使い方


猫の診察時における当院での工夫

猫の診察の時は猫がリラックスするようにクッションやタオルを使用し、環境を整えています。

猫の診察1

猫の診察スタイル

診察中はタオルで顔を覆ってあげることで、周りを気にして神経質にならないようにしています。

診察室のイスをやわらかい広めのソファーにしています。

猫のフェイシャルフェロモンのFELIWAY(フェリウェイ)を診察室で使用してリラックスできるようにしています。

猫の診察6

猫のフェイシャルフェロモンのFELIWAY(フェリウェイ)

猫の飼い主様は猫が暴れたり、咬んだり、引っ掻いたりすることを心配している方が多いです。
できるだけそのようなご心配をもたれないよう努力して診察環境を整えています。
できるだけのフォローをして猫にリラックスできるよう心がけています。
その子その子で性格が違いますので、初めての診察の方も気兼ねなくいらしてください。
待合室では今回のモデルのコロンちゃんがお待ちいたしております。

ご不明な点、お困りのことがありましたら、何なりとご相談ください。
お電話(診察時間内)(午前:9:00~12:00 午後:15:00~19:00(水、日曜日は午前のみ))
または、メールでお問合せください。


動物の病気と健康

東武池上線石川台駅徒歩5分、石川台希望ヶ丘商店街内東京都大田区東雪谷3-31-3

このページの先頭へ