小動物(犬・猫・うさぎ・フェレット・モルモット・ハムスター・小鳥など)の診療時間など

うさぎの尿

うさぎのトイレ

うさぎの尿は他のホ乳類と比較して特殊な面があります。

うさぎはカルシウム排泄を尿から行う割合が高く、ホ乳類一般が2%以下なのに対して、
45~60%にもなります。

そのため、健康尿にも尿結晶がみられ、にごった尿をします。

カルシウム代謝が特殊でその発生要因はまだ解明されていませんが、
カルシウム分の多い野菜の多給は避けたほうがいいでしょう

牧草も大人のうさぎにはカルシウムが制限されたイネ科のチモシー主体がいいでしょう。

尿の色は野菜の色素によっていろいろ変わります。
血尿と言われてくる子も潜血反応がみられず、野菜の色素尿のことも多いです。

しかし、

  • 尿の出が悪い、
  • 尿を頻繁にする、
  • 色が赤いとかオレンジ

の場合は膀胱に結石ができていることもあります。
それによって膀胱炎を起こしていることもあります。

尿の観察も大切です。

結石の違和感、疼痛により食欲が落ちる子もいます。

うさぎの膀胱結石

摘出したうさぎの膀胱結石

動物病院ではレントゲン検査をして確認していきます。
膀胱だけでなく、腎臓にも結石ができているうさぎもいます。
うさぎに多いカルシウム系の結石はレントゲン検査ではっきりわかります。

膀胱結石と腎結石(うさぎのレントゲン写真)

膀胱結石と腎結石(うさぎのレントゲン写真)

おしっこが出てない、力んでても尿がでてない時は結石が尿道入り口で詰まっている可能性があります。
その時は緊急手術をして摘出していきます。

避妊をしていな雌の場合、尿に点々と赤い出血班がシートにみられるとか、
潜血尿をダッとしたなどの症状は卵巣・子宮疾患の場合があります。

3歳以上になるとリスクが増し、年齢とともに増加します。
繁殖をしない個体は避妊手術をお勧めします。

いつもと尿が変だなというときは早めの診察をお願いいたします。


東武池上線石川台駅徒歩5分、石川台希望ヶ丘商店街内東京都大田区東雪谷3-31-3

このページの先頭へ